化粧水の使用で毛穴に悩まされない!たっぷりつけて簡単ケア

レディー

肌の潤いを保つ基礎化粧品

化粧水

肌に水分を閉じ込めます

化粧水とは、保湿成分を肌に与えるための基礎化粧品です。肌には多くの水分が含まれていますが、濡れた洗濯物が徐々に乾いていくように、放置しておくと肌も乾いていきます。すると肌表面には、カサつきやヒビ割れなどのトラブルが生じやすくなります。それを防ぐために、水分を肌に閉じ込める性質のある保湿成分を、化粧水で与えるわけです。化粧水に配合されている保湿成分には、たとえばヒアルロン酸やコラーゲンがあります。ヒアルロン酸にはスポンジのように水を吸い込む性質が、コラーゲンには肌の内部で網目のように広がり、水分の蒸発を防ぐ性質があるのです。そのためこれらを化粧水で肌にしっかりと与えていれば、肌は長時間潤いを保てるようになります。

クリームで塞ぐことが大事

ヒアルロン酸とコラーゲンは、分子サイズが大きめなので、そのままの状態だと肌に浸透しにくいです。浸透しなければ保湿効果はもたらされないため、一般的に化粧水には、これらが低分子化された上で配合されています。低分子化により分子サイズが小さくなれば、これらは肌の隙間から内部へと、しっかりと入り込むことができるようになるのです。しかし入り込みやすいということは、逆に肌から抜け出てしまいやすいということです。そのため化粧水の使用後は、クリームを塗って肌の隙間を塞ぐことが大事です。クリームが膜のように肌表面に広がることで、肌に入り込んだ保湿成分は、抜け出ていくことができなくなります。そしてそれにより、肌の水分も保たれやすくなるのです。